***第409回CBI学会講演会のお知らせ***

「2025年大阪・関西万博に対する期待」


開催趣旨
   「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする大阪・関西万国博覧会が2025年大阪市で開催されることが決定した。また、万博のサブテーマは「多様で心身ともに健康な生き方、持続可能な社会・経済システム」である。本万博では健康や医療分野における人工知能(AI)や仮想現実(VR)など先端技術の発展が紹介される見通しである。今後、世界はビッグデータ、AIの利用など予防・診断治療技術の進歩により、人々は健康状態を気かけなくても健康を維持される社会の実現、また病気に苦しむことがないのはもちろん、エイジングを感じることなく、元気に長生きし、最期の瞬間まで活動的な状態を続けることができる社会を目指そうとしている。
   CBI学会関西部会においても2025年大阪・関西万博が成功裏に終わるように今後様々な局面でサポートする予定である。
   本セミナーでは科学面、政策面のオピニオンリーダーより2025年大阪・関西万博に対する期待をご講演いただく。
  
日時 2019年9月9日(月)13:30-18:30
場所 大阪大学中之島センター 10階 佐治敬三メモリアルホール(大阪市北区中之島4-3-53)
世話人 坂田 恒昭(大阪大、塩野義製薬)、田口 隆久(情報通信研究機構)
主催 CBI学会関西部会
共催 (公財)都市活力研究所、NPO法人バイオグリッドセンター関西

プログラム

  1. 13:30-13:35
    世話人挨拶

  2. 13:35-14:05
    「2025大阪・関西万博 “未来社会の実験場”に期待するもの」
    小林 宏行(一般社団法人2025年日本国際博覧会協会 上席審議役)

  3. 14:05-14:45
    「脳型ICTが拓く“つながる”近未来社会」
    田口 隆久(NICT 脳情報通信融合研究センター(CiNet)副研究センター長)

  4. 14:45-15:25
    「再生医療」
    高橋 政代(理化学研究所生命機能科学研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー)

  5. <15:25-15:35 休憩>

  6. 15:35-16:15
    「アベノミクスの規制改革と2025年大阪・関西万博における未来社会のデザイン」
    森下 竜一(大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学教授  内閣府規制改革推進会議委員、2025大阪・関西万博基本構想具体化検討会委員)

  7. 16:15-16:55
    「生涯現役社会の構築 ―健康・医療データの活用とAIの可能性-」
    江崎 禎英(経産省商務・サービスグループ政策統括調整官 兼 内閣官房健康・医療戦略室次長)

  8. 16:55-17:35
    「2025年に向けたデジタルヘルス政策」
    山際 大志郎(自由民主党衆議院議員)

  9. <17:35-17:45 休憩>

  10. 17:45-18:30
    パネルディスカッション
    モデレーター:坂田 恒昭(大阪大、塩野義製薬)
    パネリスト:各演者

18:45- 懇親会 (場所:大阪大学中之島センター9階 交流サロン(リーガ・ロイヤルホテル直営 SALON DE L’AMICAL) 参加費:\5,000)
申し込み方法:講演会の参加申込と同様です。


講演会参加費
(種別) (料金)
法人会員 無料
一般 個人会員 無料
非会員(一般) \10,000
学生 学生会員 無料
非会員(学生) \1,000

キャンセルの場合、9月2日までにご連絡いただければ手数料を差し引いて返金します。
それ以降は講演会参加費、懇親会参加費、いずれもキャンセル返金はできません。
締切日(開催日一週間前)にコンビニ決済を選択すると5日間の支払猶予期間があるため、最長開催2日前まで支払いを延期できます。
ただし、支払いが完了しないと正式な参加申し込みとはならないため定員オーバーで参加できない可能性があることをご容赦願います。
参加費が無料の方も、キャンセルの場合はなるべく早く    にご連絡ください。こちらでシステムから取り消します。
参加申込み
>>CBI学会会員管理および講演会登録ページ

講演会、懇親会共に9月2日まで受け付ける予定ですが、定員に達した場合は、予告なく受付を締め切ります。

お問い合わせ

◆情報計算化学生物学会(CBI学会)事務局 関西部会
  
   TEL:078-803-6620 FAX:078-803-6621