***第440回CBI学会講演会のお知らせ***

 CBI学会ベンチャー連携企画第二回
「創薬・医療・ヘルスケア分野におけるVRの活用」


開催趣旨
CBI学会は創薬/AIベンチャー企業と多様な領域で活躍される参加者のみなさまが連携する機会として、ベンチャー企業主体の継続的な講演会を企画しています。第二回は、創薬・医療・ヘルスケア分野で実用化が進んでいるVR技術に注目しました。VR・AI技術を治療手法、リハビリテーションに活用し提供する企業、遠隔教育・支援などのコミュニケーションツールとして活用している企業にご参集いただき、最新状況についてご講演いただきます。4Gから5Gへの移行により、VR技術はさらに進化し、あらゆる分野で活用が進むと考えられます。講演の後のパネルディスカッションでは、VRの普及状況や課題、そして将来展望について意見交換したいと考えています。
日時 2023年1月27日(金)13:00-17:35
場所 オンライン配信(Zoomウェビナー使用)
世話人 黒野 昌邦(小野薬品工業㈱)、近田 千春(オープンアイ・ジャパン㈱)、島田 裕三(富士通㈱)、長谷川 清(中外製薬㈱)、緑川 淳(㈱ワールドフュージョン)、今枝 泰宏(㈱Epigeneron)、茂櫛 薫(cBioinformatics㈱)
連絡先: お問い合わせは、下記メールまたはTELにお願いいたします。

TEL: 03-6434-0458 (情報計算化学生物学会(CBI学会)事務局)

プログラム  

  1. 13:00 - 13:05 開会の挨拶

  2. 13:05 - 13:45
    「精神科医療の課題を解決するVRを活用した取り組み」
    外川 大希(株式会社ジョリーグッド)

  3. 13:45 - 14:25
    “The use of VR/AR to accelerate in silico drug discovery”
    Keita Funakawa(Nanome, Inc.)

  4. <14:25 - 14:35 休憩>

  5. 14:35 - 15:15
    「歯科メタバース・デジタルツインの現在と未来」
    宇野澤 元春(株式会社Dental Prediction)

  6. 15:15 - 15:55
    「仮想現実(VR)技術を用いたリハビリテーション医療に関する最新知見」
    松本 真季(株式会社mediVR)

  7. 15:55 - 16:35
    「心を支えるVRデジタルソリューション」
    松村 雅代(株式会社BiPSEE)

  8. <16:35 - 16:40 休憩>

  9. 16:40 - 17:30
    パネルディスカッション

  10. 17:30 - 17:35 閉会の挨拶


講演会参加費:無料
(種別) (料金)
法人会員 無料
一般 個人会員A 無料
個人会員B 無料
非会員(一般) 無料
学生 学生会員 無料
非会員(学生) 無料

参加をキャンセルされる場合は、なるべく早く    にご連絡ください。
こちらでシステムから取り消します。
参加申込み 
>>CBI学会会員管理および講演会登録ページ

※2023年1月20日まで受け付ける予定ですが、定員に達した場合は予告なく受付を締め切ります。
※Zoom アプリは最新にしておいてください。
※参加登録をお済ませの方には、2023年1月23日(月)までに、Zoomウェビナーへの入室情報および講演要旨集ダウンロードパスワードを電子メールでお知らせします。
上記期日までに届かない場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
お問い合わせ
◆情報計算化学生物学会(CBI学会)事務局
  
   TEL:03-6435-0458