延期:開催決定***第418回CBI学会講演会のお知らせ***

「構造生物学や機械学習を活用した創薬の今後」


延期:開催決定のお知らせ
3月9日(月)開催予定のところ、新型コロナウィルスの影響により、いったん開催中止・延期とさせて頂いておりましたが、11月30日(月)に開催が決定致しました。

開催趣旨:
医薬品開発は複数の要因が絡み合った複雑なプロセスであり、その成功確率は高くない。その一方で、創薬を支援する科学技術は益々進歩してきており、新しい技術をいかに取り入れるかが創薬の成功確率を高めるために重要である。そこで今回、将来を見据えて研究をされていらっしゃる若手の先生やベンチャーの先生方にご登壇頂き、今後期待される創薬技術の可能性・将来像を考えたいと思う。具体的には、タンパク質の構造解析や機械学習の新たな手法に関して、ご紹介頂く。


  
日時 2020年11月30日(月)13:30 - 17:30   (13:25より入室開始予定)
場所 オンライン配信(Zoomウェビナー使用)
世話人 安藤 尚基(杏林製薬㈱)、奥田 歩(興和㈱)、高橋 一敏(味の素㈱)、長谷川 清(中外製薬㈱)
連絡先: お問い合わせは、下記メールまたはTELにお願いいたします。
*会場への直接のご連絡はご遠慮ください。
 
 TEL: 03-6434-0458 (情報計算化学生物学会(CBI学会)事務局)

プログラム

  1. 13:30 - 13:40
    開会の挨拶

  2. 13:40 - 14:20
    「CryoEM analysis of the GPCR neurotensin receptor 1-G protein complex for the future engineering of biased allosteric modulator」
    加藤 英明(東京大学)

  3. 14:20 - 15:00
    「インフォマティクスとシミュレーションを融合した多面的心毒性予測システムの構築」
    佐藤 朋広(理化学研究所)

  4. 15:00 - 15:40
    「超並列計算と機械学習による創薬支援インフォマティクス」
    大上 雅史(東京工業大学/アヘッド・バイオコンピューティング株式会社)

  5. <15:40 - 16:00 休憩>

  6. 16:00 - 16:40
    「3Dファーマコフォアを指標とした深層強化学習による化学構造の生成」
    吉森 篤史(株式会社理論創薬研究所)

  7. 16:40 - 17:20
    「タンパク-リガンド複合体の特性予測における深層学習の現状」
    間瀬 省吾(ライフマティクス株式会社)

  8. 17:20 - 17:30
    総括

講演会参加費
(種別) (料金)
法人会員 無料
一般 個人会員 無料
非会員(一般) \10,000
学生 学生会員 無料
非会員(学生) \1,000

キャンセルの場合、2020年11月23日までにご連絡いただければ手数料を差し引いて返金します。
それ以降は講演会参加費のキャンセル返金はできません。
締切日(開催日一週間前)にコンビニ決済を選択すると5日間の支払猶予期間があるため、最長開催2日前まで支払いを延期できます。
ただし、支払いが完了しないと正式な参加申し込みとはならないため定員オーバーで参加できない可能性があることをご容赦願います。
参加費が無料の方も、キャンセルの場合はなるべく早く    にご連絡ください。こちらでシステムから取り消します。
参加申込み
受付は終了しました。

※講演要旨集はここからダウンロードできます。
※参加登録をお済ませの方には、11月24日(火)に、Zoomウェビナーへの入室情報および講演要旨集ダウンロードパスワードを電子メールでお知らせ致しました。
※複数人での視聴は禁止です。
※Zoomウェビナー事前登録情報、講演要旨集ダウンロードパスワード、いずれも転送はしないでください。
お問い合わせ
◆情報計算化学生物学会(CBI学会)事務局
  
   TEL:03-6435-0458