CBI学会からのおしらせ
CBI学会2016年大会 2016年10月25日(火)~10月27日(木)
in silico創薬の将来-生体分子シミュレーション、構造生物学、ビッグデータの連携からアカデミア創薬へ」
2016.1.10

CBIジャーナル 2016.7.1
<論文公開2016.7.15>
Characteristic gene expression profile of nuclear receptor superfamily induced by hepatotoxic and antimetabolic drugs in human primary hepatocytes   Hitoshi Kojo, Yukihiro Eguchi, Kimiko Makino, Hiroshi Terada
<論文公開2016.7.1>
In silico Analysis of Interactions between Nevirapine-related Compounds, HLA-B*14:02 and T-cell Receptor    Hideto Isogai, Noriaki Hirayama
<論文公開2016.6.1>
In silico Analysis of Interactions between HLA-A*31:01 and carbamazepine-related Compounds    Hiroko Miyadera, Takeshi Ozeki, Taisei Mushiroda, Noriaki Hirayama
CBIジャーナル <CBI学会会員は投稿料が無料となりました>   投稿規定 2015.4
CBI学会誌新刊 2016年第4巻第2号公開しました  2016.5.31
CBI eBookシリーズ新刊 第2巻「DNA分子デザインのすべて~BIOMOD虎の巻~」公開しました  2016.4.15

第376回CBI学会講演会    会場が変更になりました 2016.8.3
  「AI創薬の可能性と展望について」 
    2016年9月1日(木)グランフロント大阪 ナレッジキャピタル(大阪市北区大深町3-1)
第377回CBI学会講演会  2016.7.26
  「fMRI脳機能イメージング:新しいバイオマーカーを求めて」 
    2016年11月25日(金)グランフロント大阪 ナレッジキャピタル(大阪市北区大深町3-1)
第378回CBI学会講演会  2016.8.18
  「薬物動態、組織移行性、薬効・副作用予測を目指した創薬支援インフォマティクスシステムの構築に向けて」 
    2016年12月8日(木)東京大学山上会館2階 大会議室(東京都文京区本郷7-3-1)
** CBI学会は以下の企業によって支えられています **