CBI学会講演会
更新2017.4.15
第383回CBI学会講演会
「健康と疾病予防に向けたビッグデータ解析」
日時: 2017年5月12日(金)13:00-17:25
場所: グランフロント大阪 ナレッジキャピタル 北館タワーC 9階 VisLab OSAKA(予定)
(大阪市北区大深町3-1)
★お問い合わせ先:
★月例の講演会への希望やご意見、あるいは企画案がありましたら、事務局までご一報下さい。
★CBI NEWSやホームページへの広告を歓迎します。またテーマに関連した製品等のパンフレットを講演会の参加者へ配布するサービスも承っております。

講演会スケジュール:申し込み受付中
2016-2017年
講演会 日時 テーマ
2017年
第388回 11月10日(金) 「腸内細菌」(仮)
/東京工業大学キャンパスイノベーションセンター 1階国際会議室
第387回 9月1日(金) 「薬物‐標的親和性計算の新潮流 ~古典MDから量子MDへ~」
/グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第386回 7月21日(金) 「創薬を支援する構造データベースの応用」
/東京工業大学キャンパスイノベーションセンター 1階国際会議室
第385回 6月9日(金) 「PK/PD-ADME-DDIサイエンスの最近の進歩 ~Quantitative Systems Pharmacology (QSP)との連結~」
/東京大学医学部総合中央館 医学図書館333会議室
第384回 5月25日(木) 「核酸創薬」
/東京工業大学キャンパスイノベーションセンター 1階国際会議室
第383回 5月12日(金) 「健康と疾病予防に向けたビッグデータ解析」
/グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第382回 3月2日(木) 「人工知能と創薬-創薬現場で備えておくべきこと-」
/東京大学山上会館2階 大会議室
第381回 2月16日(木) 「難解析性タンパク質の構造解析手法の新展開」
/東京大学山上会館2階 大会議室
第380回 2月3日(金) 「AI創薬の可能性:自然言語処理技術の現状と課題」
/グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第379回 1月27日(金) 「モレキュラーダイナミックスによる相互作用の評価~生体分子のシミュレーションを目指して~」
/東京大学山上会館2階 大会議室
2016年
第378回 12月8日(木) 「薬物動態、組織移行性、薬効・副作用予測を目指した創薬支援インフォマティクスシステムの構築に向けて」
/東京大学山上会館2階 大会議室
第377回 11月25日(金) 「fMRI脳機能イメージング:新しいバイオマーカーを求めて」
/グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第376回 9月1日(木) 「AI創薬の可能性と展望について」
/グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第375回 8月2日(火) 「治療する医療から先制医療・予防医療へ」
/東京大学山上会館大会議室
第374回 7月22日(金) 「感染症研究の将来~グローバルヘルスに貢献する創薬~」
/東京大学山上会館大会議室
第373回 6月2日(木) 「トランスポーターの関わるヒト薬物動態をin vitro実験を基に予測する; 実験条件の違いにより生じえる予測結果の相違」
/東京大学山上会館大会議室
第372回 5月24日(火) 「システムバイオロジーの最新動向」
/東京大学山上会館大会議室
第371回 4月22日(金) 「翻訳後修飾研究のフロンティアとそれを支える基盤技術
-創薬R&Dへの期待-」

/グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第370回 3月3日(木) 「分子イメージングと創薬」
/東京大学山上会館大会議室
第369回 2月5日(金) 「ゲノム医療 -個別化医療に向けた研究の最前線-」
/東京大学山上会館大会議室
第368回 1月13日(水) 「“京”から“ポスト京”へ-革新的創薬基盤の構築に向けた取り組み-」
/東京大学山上会館大会議室
» page topへ戻る
講演会報告レポート
過去のCBI講演会の演題記録
1981-1987年 第1-51回
1988-1993年 第52-132回
1994-1999年 第133-186回
2000-2004年 第187-247回
2005-2008年 第248-292回
2009-2012年 第293-332回
2013-2016年 第333回-378回
2017-2020年 第379回-

※2013ノーベル化学賞受賞<計算化学>
マーティン・カープラス氏( ≫CBI研究講演会(2006.1.10)で講演)、マイケル・レビット氏、アリエ・ウォーシェル氏
» page topへ戻る