CBI学会からのおしらせ
CBI学会2019年大会「構造生物学と情報科学の真の融合を目指して~AI時代の新創薬化学~」 
  会期:2019年10月22日(火)~10月24日(木) / 会場:タワーホール船堀(東京都)
  大会長:岩田 想(京都大学大学院医学研究科)
  実行委員長:上村みどり(帝人ファーマ株式会社)
2019.4.12
CBI学会2018年大会「創薬と育薬のレギュラトリサイエンス~AI創薬時代の新展開~」
  ※大会は盛況のうちに終了いたしました。 ご協力頂きました皆様に感謝申し上げます
2018.10.15
若手の会 設立
2018.8.14

第405回CBI学会講演会   (開始時刻が13:20に変更になりました) 2019.3.11
  「モバイルヘルスケアの展望」
    2019年5月10日(金) 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター 1階国際会議室
第406回CBI学会講演会   (講師一名が変更になりました) 2019.4.10
  「量子コンピュータの実用展開 ~ソフトおよびミドルウェア開発の現状~」
    2019年5月17日(金) グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第407回CBI学会講演会  2019.3.31
  「薬物動態予測研究のEmerging Topics ~今できること、そしてこれから~」
    2019年6月27日(木) 東京大学 山上会館 大会議室
【講演会に申し込んだかどうか分からない場合】
https://m4.members-support.jp/CBI/  からログインして「講演会・研究会・大会情報」の「講演会・大会参加申込状況照会」をクリックすると、登録済みの会がリストされます。

CBIジャーナル 2019.4.15
【投稿方法変更のお知らせ】投稿にEditorial Manager システムが導入されました。
<論文公開2019.4.15>
Exhaustive SAR analysis tools for HTS hits based on intuition of medicinal chemists  Hironobu Koga
<論文公開2019.3.23>
Development of an automated fragment molecular orbital (FMO) calculation protocol toward construction of quantum mechanical calculation database for large biomolecules   Chiduru Watanabe, Hirofumi Watanabe, Yoshio Okiyama, Daisuke Takaya, Kaori Fukuzawa, Shigenori Tanaka, Teruki Honma
<論文公開2019.2.9>
In silico analysis of interactions of flucloxacillin and its metabolites with HLA-B*57:01   Hideto Isogai, Noriaki Hirayama

CBI学会誌新刊 2019年第7巻第1号公開しました  2019.3.1
CBI eBookシリーズ 第2巻「DNA分子デザインのすべて~BIOMOD虎の巻~」公開しました 2016.4.15
** CBI学会は以下の企業によって支えられています **
新version公開


最新版

J-STAGE
論文公開中

eBook第2巻

CBI学会の公式FaceBookページです

フォローお願いします
広告バナー募集中!
お申込みは
こちらから