CBI学会からのおしらせ
CBI学会2019年大会「構造生物学と情報科学の真の融合を目指して」 
  会期:2019年10月22日(火)~10月24日(木) / 会場:タワーホール船堀(東京都)
  大会長:岩田 想(京都大学大学院医学研究科)
  実行委員長:上村みどり(帝人ファーマ株式会社)
2018.11.21
CBI学会2018年大会「創薬と育薬のレギュラトリサイエンス~AI創薬時代の新展開~」
  ※大会は盛況のうちに終了いたしました。 ご協力頂きました皆様に感謝申し上げます
2018.10.15
若手の会 設立
2018.8.14

第400回CBI学会講演会  2018.9.20
  「ポストガイドライン時代における薬物相互作用(DDI)解析への取り組み」
    2018年12月19日(水) 東京大学山上会館2階 大会議室
第401回CBI学会講演会  2018.10.3
  「ここまで来た、臓器チップ~創薬活用における現状と課題~」
    2019年1月18日(金) グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
第402回CBI学会講演会  2018.10.20
  「『天然物創薬』~日本の強みを活かした新潮流~」
    2019年1月31日(木) 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター
第403回CBI学会講演会  2018.11.20
  「創薬へのデータチャレンジ~データキュレーションとデータベースの構築・活用~」
    2019年2月27日(水) 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター
第404回CBI学会講演会  2018.12.3
  「メディシナルケミストリーにおけるAIの活用」
    2019年3月26日(火) 東京大学山上会館2階 大会議室
【講演会に申し込んだかどうか分からない場合】
https://m4.members-support.jp/CBI/  からログインして「講演会・研究会・大会情報」の「講演会・大会参加申込状況照会」をクリックすると、登録済みの会がリストされます。

CBIジャーナル 2018.12.07
※投稿料変更のお知らせ
CBIジャーナル投稿料を2018年1月より以下のように変更いたしました
・基本料金:無料(CBI学会会員)、20,000円(非会員)
・ページ単価:2,000円(会員・非会員共、公開原稿のページ数で積算)
<論文公開2018.12.7>
Concerns regarding the deterioration of objectivity in molecular biology  Tomokazu Konishi
<論文公開2018.12.1>
Responsible innovation in molecular robotics in Japan   Go Yoshizawa, Rinie van Est, Daisuke Yoshinaga, Mikihito Tanaka, Ryuma Shineha, Akihiko Konagaya
<論文公開2018.11.28>
Molecular Discrimination of Barbital Enantiomer at Propofol Binding Site of Human β3 Homomeric GABAA Receptor   Tomoyoshi Seto, Minoru Kato, Ken Koyano

CBI学会誌新刊 2018年第6巻第4号公開しました  2018.12.1
CBI eBookシリーズ 第2巻「DNA分子デザインのすべて~BIOMOD虎の巻~」公開しました 2016.4.15
** CBI学会は以下の企業によって支えられています **
新version公開


最新版

J-STAGE
論文公開中

eBook第2巻

CBI学会の公式FaceBookページです

フォローお願いします
広告バナー募集中!
お申込みは
こちらから