CBI学会からのおしらせ
    
CBI学会2017年大会「データ駆動型研究が拓く創薬」
会期:2017年10月3日(火)~10月5日(木) / 会場:タワーホール船堀(東京都)
大会長:堀本勝久(産業技術総合研究所) / 実行委員長:広川貴次(産業技術総合研究所)
 ・ポスター賞受賞者 発表  
 ・江戸川区後援 市民講座「心と体の健康」
    【資料  ≫大隅典子先生  ≫金子希代子先生  ≫梅津順子先生  ≫河渕浄先生  ≫石川智久先生
**大会は盛況のうちに終了いたしました。 ご協力頂きました皆様に感謝申し上げます**
2017.10.7
<予告>CBI学会2018年大会「創薬と育薬のレギュラトリサイエンス」
会期:2018年10月9日(火)~10月11日(木) / 会場:タワーホール船堀(東京都)
 

第391回CBI学会講演会  2017.10.18
  「創薬分野におけるAI活用の可能性と実際」
    2018年1月31日(水)発明会館 地下ホール
第392回CBI学会講演会  2017.12.22
  「創薬研究におけるモレキュラーダイナミックスの実際」
    2018年3月2日(金)東京工業大学CIC田町1階 国際会議室
第393回CBI学会講演会  2017.12.22
  「中分子創薬の実現にむけて」
    2018年3月16日(金)東京工業大学CIC田町1階 国際会議室
第394回CBI学会講演会  2018.1.15
  「分子ロボティクス:これまでの成果と創薬応用への可能性について」
    2018年5月18日(金)グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
【講演会に申し込んだかどうか分からない場合】
https://m4.members-support.jp/CBI/  からログインして「講演会・研究会・大会情報」の「講演会・大会参加申込状況照会」をクリックすると、登録済みの会がリストされます。
2017.6.8

CBIジャーナル 2018.1.11
※投稿料変更のお知らせ
CBIジャーナル投稿料を2018年1月より以下のように変更いたしました
・基本料金:無料(CBI学会会員)、20,000円(非会員)
・ページ単価:2,000円(会員・非会員共、公開原稿のページ数で積算)
<論文公開2018.1.11>
Analysis of physicochemical properties of drugs included in anticho-linergic rating scales  Junko Nagai, Hajime Kagaya, Yoshihiro Uesawa
<論文公開2017.12.12>
Classification of Alzheimer’s disease and Parkinson’s disease using a support vector machine and probabilistic outputs  Asuka Hatabu, Masafumi Harada, Yoshitake Takahashi, Shunsuke Watanabe, Kenya Sakamoto, Kousuke Okamoto, Norihito Kawashita, Yu-Shi Tian, Tatsuya Takagi

CBI学会誌新刊 2017年第5巻第4号公開しました  2017.11.30
CBI eBookシリーズ 第2巻「DNA分子デザインのすべて~BIOMOD虎の巻~」公開しました 2016.4.15
** CBI学会は以下の企業によって支えられています **
新version公開


最新版

J-STAGE
論文公開中

eBook第2巻

CBI学会の公式FaceBookページです

フォローお願いします
広告バナー募集中!
お申込みは
こちらから