CBI学会からのおしらせ
     
CBI学会2014年大会 2014年10月28日~30日(タワーホール船堀) 
「iPS, ion channel, in silicoが拓く新しい創薬パラダイム」
2014.8
<フォーカストセッションのご紹介>  
  In vitro 実験系におけるヒト iPS 細胞由来神経細胞間の「シナプス形成不全」解決にむけて
    ― Human neuronal circuitry on dish は実現できるのか

  ・ヒトiPS細胞誘導分化細胞を用いた安全性評価における課題に関する意見・情報交換会<課題募集>   in silico不整脈予測におけるCiPAの考え方、および日本の取り組み
  ・第8回 FMO研究会「ナノバイオ分子計算とデザイン」<予告>
  ・第2回 オミックス解析における実務者意見交換会
  ・第一原理計算とメタボロミクス:予測と実証<予告>
  ・計算毒性学研究会  Perceptaを用いたADMET予測と仮想化合物創出に関する講演の要旨追加  
  ・計算化学とデータベースの融合
  ・アカデミア創薬  
<チュートリアルセッションのご紹介>[10月27日開催]  参加受付開始しました  
  FMO計算実習
―創薬研究に役立つ機能の紹介と 新開発の FMO 計算支援ソフト"FU"と GAMESS を用いた計算実習―
生命医薬情報学連合大会  
「データ駆動型生命情報科学の挑戦  次世代型医療への扉を拓く」
CBIシンポジウム: 2014年10月2日(宮城県仙台市 仙台国際センター)
    ≫≫開催趣旨とプログラム
    ≫≫要旨:プレナリー講演 ・ セッション1[分子ロボティクス]
        セッション2[Cluster Newton Method]
2014.7.12

化学工業日報に、計算毒性学研究会設立についての記事が掲載されました   2014.8.8

「計算科学ロードマップ」(平成26年3月版)が公開されました。
(将来の HPCIシステムのあり方の調査研究 「アプリケーション分野」)
2014.4.17
新開発の FMO 計算支援ソフト"FU"の新バージョンを公開しました。 2013.12.27

CBIジャーナル <論文公開2014.7.4>  2014.7.4
"Fragment molecular orbital-based molecular dynamics (FMO-MD) simulations on hydrated Cu(II) ions" Yuji Kato, Takayuki Fujiwara, Yuto Komeiji, Tatsuya Nakano, Hirotoshi Mori, Yoshio Okiyama, Yuji Mochizuki
CBIジャーナル <投稿料改訂> CBI学会会員は基本投稿料が無料となりました  2012.11.28
CBI学会誌発刊 2014年第2巻第3号公開しました  2014.7.31
CBI eBookシリーズ発刊 第一巻公開しました  2012.11.30

第354回CBI学会研究講演会 
台風接近のため開催中止・延期して開催予定(詳細検討中)
2014.8.7
  「CBI学会夏の合宿2014 in道後/松山」
    -分野間化学反応による新たな領域生成を求めて:学会の動向と話題提供-
    2014年8月8日(金)~9日(土)松山大学/にぎたつ会館(道後)
第355回CBI学会研究講演会  2014.7.4
  「フェノタイプスクリーニング 古くて新しい創薬手法」
    2014年9月12日(金)東京大学山上会館大会議室
第356回CBI学会研究講演会  2014.7.25
  「動き出すアカデミア創薬-アカデミア創薬シーズの活用、オールジャパンの創薬体制を目指して-」
    2014年12月2日(火)グランフロント大阪ナレッジキャピタル 大阪イノベーションハブ
** CBI学会は以下の企業によって支えられています **
新version公開

化学データ可視化
解析ソフトウェア
GOLD分子設計
GOLD 分子設計
支援ソフト


最新版

J-STAGE
論文公開中

CBI学会の公式FaceBookページです

フォローお願いします
広告バナー募集中!
詳細はこちらから