ページを閉じる

     <English> ≫≫10月9日(火)【1日目】
≫≫10月10日(火)【2日目】
≫≫10月11日(木)【3日目】
プログラム一覧表 (更新:2018.7.11)  
9日(火)【1日目】 9日(火)【1日目】 9日(火)【1日目】
10

9

(火)



時間 1F 2F 3F 5F 4F
展示ホール 福寿 桃源 平安 瑞雲 303 小ホール(250) 研修室(84) 401(63) 402(30) 403(30) 406(30) 407(36)
10:00-10:20   開会式、会長挨拶                    
10:20-11:00   大会長講演
座長:片倉 晋一(第一三共RDノバーレ株式会社)
K-01 西島 正弘(国立医薬品食品衛生研究所 名誉所長)
「レギュラトリーサイエンスとは」
                   
11:00-12:00   <プレナリー講演>『創薬におけるAI利活用』
座長:小長谷 明彦(東京工業大学)
K-02 水口 賢司(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所))
「ライフインテリジェンスコンソーシアム(LINC)におけるAI開発の現状」
K-03 
                   
12:00-13:30             <ランチョンセミナー>
LS-01 株式会社モルシス
<ランチョンセミナー>
LS-02 アークスパン合同会社
       
13:30-14:00 ポスター発表                      
14:00-15:30   <招待講演>『創薬における安全性予測』
座長:鈴木 洋史(東京大学医学部附属病院)
I-01 諫田 泰成(国立医薬品食品衛生研究所)
I-02 植沢 芳広(明治薬科大学)
「人工知能を駆使した毒性・副作用予測戦略」
I-03 樋坂 章博(千葉大学)
「薬物動態解析におけるマルコフ連鎖モンテカルロ法の利用」
<招待講演>
『インシリコ創薬におけるQM計算の役割』
I-04
Alexander Heifetz
(Evotec UK)
"FMO guided drug discovery and structural analysis"
I-05 常盤 広明 (立教大学)
「第一原理計算を利用した臨床治療薬の効能解析」
I-06 李 秀栄(国立研究開発法人 理化学研究所)
「ダイナミックドッキングによる結合親和性予測」
<フォーカストセッション>
FS-01
第2回オミックスを原理的なところから考える-「生命」と多様性を共存させる原理は?-
<スポンサー
企業企画枠>
BIOSPIRE株式会社/株式会社レベルファイブ
≫≫セッション詳細
「次世代GPUシミュレーションと iPS疾患モデルが融合する創薬イノベーション」
Giovanna Tedesco (Cresset)、Sunhwan Jo (SilcsBio)、Marcus Yeo (DefiniGEN)
<JST分子ロボ倫理国際カンファレンス>
SIG-MRE分子ロボット倫理研究会、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター(HITE)
<フォーカストセッション>
FS-02
口頭発表
<フォーカストセッション>
FS-03
計算毒性学及び関連トピックス1
<スポンサー
企業企画枠>
<フォーカストセッション>
FS-04
個別化医療研究会
   
15:30-16:00 ポスター発表                      
16:00-17:30   <スポンサードセッション>
SS-01
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
「AMED創薬支援推進事業『創薬支援インフォマティクスシステム構築』」
後藤 俊男(理化学研究所)
「創薬におけるADMETの重要性と予測プラットフォームへの期待」
水口 賢司(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
「薬物動態・毒性予測の統合プラットフォームと企業連携」
浜本 隆二(国立研究開発法人 国立がん研究センター研究所)
「AI技術を活用した統合的ながん医療システムの開発」
久米 俊行(田辺三菱製薬株式会社)
「製薬企業におけるインフォマティクス活用と産学連携(仮)」
<フォーカストセッション>
FS-06
計算科学と構造生物学による神経変性疾患克服への挑戦
    <JST分子ロボ倫理国際カンファレンス>
SIG-MRE分子ロボット倫理研究会、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター(HITE)
<フォーカストセッション>
FS-07
口頭発表
<フォーカストセッション>
FS-08
計算毒性学及び関連トピックス2
<スポンサー
企業企画枠>
    <フォーカストセッション>
FS-09
幹細胞を用いた化合物リスク情報共有化コンソーシアムへの招待
17:30-19:30 ポスター発表                      
 »» ページトップへ
 
»» ページトップへ 
10日(水)【2日目】 10日(水)【2日目】 10日(水)【2日目】
10

10

(水)



時間 1F 2F 3F 5F 4F
展示ホール 福寿 桃源 平安 瑞雲 303 小ホール 研修室 401 402 403 406 407
10:00-11:30   <プレナリー講演>『創薬、育薬資源としてのバイオバンク』
座長:荻島 創一(東北メディカル・メガバンク機構)
K-04 西原 広史(慶應義塾大学)
「オンデマンド型バンキングによる創薬支援の取り組みについて」
K-05 田中 博 (東北メディカル・メガバンク機構/東京医科歯科大学)
「精密医療時代におけるリアルワールドデータに基づいた臨床試験」
                   
11:30-13:00             <ランチョンセミナー>
LS-03
 ドットマティクス
<ランチョンセミナー>
LS-04 パトコア株式会社
  12:00-13:00
CBI学会評議員会
  <ランチョンセミナー>
LS-07 CBI学会総会
13:00-14:00 ポスター発表                      
14:00-15:30   <招待講演>『創薬、育薬資源としてのバイオバンク』
座長:石田 誠一(国立医薬品食品衛生研究所)
I-07 川上 浩一(国立遺伝学研究所)
「ゼブラフィッシュがひらく疾病・創薬研究」
I-08 金 倫基(慶應義塾大学)
「腸内細菌叢をターゲットにした創薬の現状と可能性について」
I-09 宮本 憲優(エーザイ㈱)
「ヒト iPS 細胞由来神経細胞を用いた痙攣フェノタイプ評価法の開発に向けて」

<シンポジウム> <フォーカストセッション>
FS-10
計算毒性学及び人工知能
 
<フォーカストセッション>
FS-11
口頭発表
<フォーカストセッション>
FS-12
In silico ADME-TOX/創薬活用の現状と課題 -製薬企業における取り組み-
<スポンサー企業企画枠>
株式会社バイオモデリングリサーチ
    <フォーカストセッション>
FS-13
先端機器計測
15:30-16:00 ポスター発表                      
16:00-17:30   <スポンサードセッション>
SS-02
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
<シンポジウム> <シンポジウム>
「毒性関連ビッグデータを用いた人工知能による次世代型安全性予測手法開発プロジェクト(AI-SHIPSプロジェクト)」
モデレーター:船津 公人(東京大学)、植沢 芳広(明治薬科大学)
座長:庄野 文章(東京大学)
講師:船津 公人(東京大学)
吉成 浩一(静岡県立大学)
山崎 浩史(昭和薬科大学)
 
<フォーカストセッション>
FS-14
口頭発表
<フォーカストセッション>
FS-15
「創薬と育薬から適薬へ(仮題)」
<スポンサー
企業企画枠>
  <フォーカストセッション>
FS-16
生命の起源:その現状と展望
<フォーカストセッション>
FS-13
先端機器計測
17:30-19:00 ポスター発表                 ポスター賞選考委員会    
19:00-21:00       懇親会                
 »» ページトップへ
 
»» ページトップへ 
11日(木)【3日目】 11日(木)【3日目】 11日(木)【3日目】
10

11

(木)



時間 1F 2F 3F 5F 4F
展示ホール 福寿 桃源 平安 瑞雲 303 小ホール 研修室 401 402 403 406 407
10:00-12:00   <プレナリー講演>『育薬における副作用情報』
座長:水間 俊(帝京平成大学)
K-06 澤田 康文(東京大学)
「育薬」
K-07 宇山 佳明(PMDA)
「新薬世界同時承認時代のリアルワールドデータに基づく医薬品安全性評価」
                   
12:00-13:30             <ランチョンセミナー>
LS-05
<ランチョンセミナー>
LS-06
       
13:30-14:00 ポスター発表   <スポンサードセッション>
SS-03
株式会社ツムラ
≫≫セッション詳細
「漢方ミクス(KAMPOmics)-超多成分系のインフォマティクス-」
花﨑 和弘(高知大学)、西 明紀(ツムラ)、櫻井 望(国立遺伝学研究所)、大渕 勝也(ツムラ)、松岡 由希子(システム ・バイオロジー研究機構)
 
  <市民講座>≫≫セッション詳細
「認知症と向き合うために」
司会:石川 智久(NPO法人地方再興・個別化医療支援)
中野 恵子(国際薬膳食育師・和漢膳プロフェッサー)
「健康増進のための身近な薬膳」
伊賀瀬 道也(愛媛大学大学院老年・神経・総合診療内科学・特任教授/愛媛大学医学部付属病院抗加齢予防医療センター・センター長)
「河内晩柑由来果汁飲料には認知機能改善効果がある」
渡部 佳奈子(一般社団法人箏PLAN・代表理事、内閣府から海外派遣された唯一の箏回想士)
「高齢者の尊厳を守る“笑顔と涙の箏回想法:感動秘話”」
           
14:00-15:30   <パネルディスカッション>
『AI創薬時代のレギュラトリサイエンス』
司会:諫田 泰成(国立衛研)
パネリスト:
本間 光貴(理研)
片倉 晋一(第一三共RDノバーレ)
田中 博(東北大学東北メディカル・メガバンク機構/東京医科歯科大学)
西島 正弘(国立医薬品食品衛生研究所 名誉所長)
宇山 佳明(PMDA)
    <フォーカストセッション>
FS-17
口頭発表
  <スポンサー
企業企画枠>
     
15:30-16:00   ポスター賞授賞式/次年度大会の紹介/CBIジャーナルの紹介                    
16:00-16:10   クロージング                    
»» ページトップへ »» ページトップへ

> <
> <