計算毒性学研究会 設立趣旨
設立趣旨: 世界的、かつ多くの研究分野で毒性(安全性)に関する重要性が急速に高まっており、特に計算毒性学への期待や役割が急速に拡大している。このような流れを受け、欧米では国家レベルでの研究戦略や研究機関、研究グループ等が立ち上がり、積極的に活動中である。日本では計算毒性学に関する認知度が殆ど無い。このままでは欧米との差が拡大し、日本は計算毒性学研究で発言権を失ってしまう。このような状況を打破する第一歩として、日本で最初となる計算毒性学研究会を設立したい。なお、計算毒性学は多くの研究分野より構成される複合研究である。この点で、多くの研究者が集える研究会形式は最適と言える。
  主査 湯田浩太郎(インシリコデータ)
  副主査 水間 俊(松山大学)
  幹事 石田誠一(国立医薬品食品衛生研究所)
  幹事 植沢芳広(明治薬科大学)
  幹事 佐藤一博(福井大学医学部)
  幹事 曽根秀子(国立環境研究所)
  幹事 長谷川 清(中外製薬)
計算毒性学研究会 ホームページ
計算毒性学研究会 スケジュール
更新2016.01.07
2014-2015年度 申し込み受付中
研究会 日時 テーマ
第3回 10月27日(火)
16:00-17:30
第3回 計算毒性学研究会
「計算毒性学研究会:dry と wet の毒性研究インターフェイス」

/東京・タワーホール船堀(CBI学会2015年大会にて)
  2015年
8月29日(土)
-30日(日)
計算毒性学研究会 夏の合宿
/石鎚ふれあいの里(愛媛県西条市中奥1号25-1)
第2回 10月29日(水)
第2回 計算毒性学研究会 「計算毒性学と ADME/T スクリーニング」
/タワーホール船堀4階研修室(東京都江戸川区船堀4-1-1)
第1回 10月27日(月)
キックオフミーティング
/タワーホール船堀4階研修室(東京都江戸川区船堀4-1-1)
  2014年
8月9日(土)
キックオフミーティング   台風接近のため開催中止
/にぎたつ会館(松山市道後)
» page topへ戻る